大阪・此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の15周年大使を務めるスポーツキャスター・松岡修造氏(49)が12日、同所で開かれた「ユニバーサル・クールジャパン2017」のオープニングセレモニーに出席した。

 USJでは13日に「進撃の巨人・ザ・リアル」「ヱヴァンゲリヲン XR ライド」「ゴジラ・ザ・リアル 4―D」「名探偵コナン・ザ・エスケープ」「モンスターハンター・ザ・リアル」の5つの“ジャパンブランド”のアトラクションがスタートする(コナンは5月28日まで、その他は6月25日まで)。すでに開催中の「戦国・ザ・リアルat大阪城」(3月12日まで)を含む6つのイメージビジュアルの看板に、はかま姿の松岡氏が大きな筆で日の丸を描き、「日本のクールをもっとアツく!」と、特別招待のゲスト200人とともに開幕を宣言した。

 「進撃の巨人」など新アトラクションを事前に体験した松岡氏は「やりすぎだよ! 久々に心が震え上がったね」「クールになるってアツくなることだよ。日本を代表する6つのブランドがここにそろっている。日本人がまず感じないと!」と大興奮。

 「進撃の―」のキャラクターに対しては「俺たちは巨人にとって最高の餌だ!」。父が名誉会長である東宝が生んだスーパーモンスター「ゴジラ」には「お前はやっぱり“最強”だ」とゲキを飛ばすなど、熱血漢ぶりを披露した。