直木賞作家・井上荒野が「結婚詐欺」を題材に、騙す男と騙される女たちの孤独と欲望を描いた長編小説「結婚」が、実写映画化されることが決定した。

主演を務める俳優は、欠点がないのが欠点と言われるほどの完璧な男 ディーン・フジオカ。NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、劇中の彼の死を受け入れられない視聴者の間で“五代ロス”という言葉が生まれるほど大ブレイク。最近では「Yahoo!検索大賞2016」「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング第1位」を受賞するなど勢いが止まらない、今最も旬な実力派俳優だ。絶大な人気と知名度を誇るディーン・フジオカがこの度満を持して、直木賞作家が贈る大人の恋愛ドラマの主演に初挑戦。あらゆる女性を大人の色気で翻弄する魅惑の結婚詐欺師を演じる。

本作のメガホンをとるのは、ディーン・フジオカ大ブレイクのきっかけとなった「あさが来た」でチーフ演出を務め、その手腕が高く評価された西谷真一。「『あさが来た』時代から、ディーン・フジオカさんは映画をやるべき人だと強く思っていた。そして自分が何としても監督をやりたい。」そう強く願っていた西谷真一は「結婚」の実写化企画が進捗した際、「この本格的な恋愛ドラマをぜひディーン・フジオカさん主演で」と提案。原作者である直木賞作家・井上荒野も受諾し、強力タッグが実現した。

脚本を手掛けるのは、「結婚できない男」(2006)、「梅ちゃん先生」(2012)といった幅広い年代の視聴者に愛されるヒット作を生み出してきた尾崎将也。また、ディーン・フジオカ演じる古海健児の相棒に、同じくNHK連続テレビ小説「まれ」(2015)矢野陶子役での熱演が注目され話題となった新鋭女優、柊子が大抜擢された。

「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と哀しみ。彼らが持つ孤独と欲望を描いた本格恋愛ドラマ、直木賞作家・井上荒野の問題作が豪華キャストで待望の実写映画化される。

【ディーン・フジオカ コメント】
Q.本作への主演が決定した時のお気持ち
今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役なので、正直今は少し不安ですが、説得力のある結婚詐欺師を演じれるよう頑張りたいと思います。

Q.結婚詐欺師である古海健児役をどう演じていきたいか
彼の刹那な生き様を、時に我が儘に、時に詩的に演じれるよう頑張ります。

Q.西谷真一監督とのタッグについて
ご一緒させていただいて今回で3回目になります。
いつも刺激的な西谷監督の現場に戻れるのが今からもう楽しみです。
この「結婚」という作品が、西谷真一監督作品の史上最高傑作になるよう、微力ながら全身全霊をかけてお手伝いさせていただきたいと思っています。

Q.ファンの皆さんへのメッセージ
結婚詐欺師という世の中的にはよろしくない人物が主人公の作品ですが、その視点だからこそ見えて来る『愛の物語』をお楽しみに!