ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ・アンジュルム(旧・スマイレージ)の相川茉穂(まほ)が、パニック障害の診断を受けたため、活動休止することがわかった。

2016年10月19日リリースの最新曲 「上手く言えない」>>

相川は2014年、アンジュルムに3期生として加入。バレエが得意な天然お嬢様キャラで人気を集めた。しかし、グループの公式サイトは1月11日、相川の活動休止を発表。以前より出ていた頭痛・めまいなどの症状が強くなり、あらためて診察を受けたところ、パニック障害との診断を受けたことを明かしている。

医療機関「医療法人和楽会」の公式サイトによると、パニック障害とは、「何のきっかけもなく急に胸がドキドキし、息が苦しくなり、めまいや吐き気などの発作のような身体症状があらわれ、『このまま死んでしまうのではないか』『発狂してしまうかも』などと強く不安を感じる病気」とのこと。

相川本人もコメントを発表しているが、「最近では頻繁に発作が出るようになり、ステージなどでも起きてしまう事があったので、今の活動が困難になってしまいました」と告白。「『パニック障害』というと少し偏見があるかもしれないのですが、脳の病気でもあるので、その偏見を少しでも減らして私と同じパニック障害の人たちとも一緒に闘っていきたいと思います」とつづり、将来の活動復帰に意欲を示した。

アンジュルムは2009年、S/mileage(スマイレージ)として結成。のちに正式表記を“スマイレージ“に改めて活動を続けていたが、2014年12月に“アンジュルム“に改名。現在は9人体制で、リーダーは和田彩花。

(文/原田美紗@HEW)