女優の香里奈が12日、都内で開催された新ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)の完成披露試写会に、共演のNEWS加藤シゲアキ、椎名桔平らと出席。ドラマでは性格的に真逆な役柄を演じる香里奈と加藤の2人だが、舞台挨拶ではプライベートでも正反対であることが明かされた。

【関連】ドラマ『嫌われる勇気』完成披露試写会&舞台挨拶<フォトギャラリー>


 本作は岸見一郎・古賀史健共著による同名ベストセラーのドラマ化。同著はアドラー心理学の解説本だが、ドラマではアドラー心理学を体現できる女刑事・庵堂蘭子が次々と事件を解決していく姿を描く。

 蘭子(香里奈)は、警視庁捜査一課8係のエースで、周囲の意見には耳を貸さず、自分が信じる道を行く一匹狼タイプ。一方、蘭子とバディを組む新人刑事の青山年雄(加藤)は、正義感が強く社交的だが、優柔不断で心配性。他人の評価が気になり、周囲から「嫌われたくない」と思っている。

 今回、蘭子を演じるにあたり「感情をあまり乗せないようにした」と香里奈。対して、加藤は「僕の役は普通でいいので、ありのままやらせてもらっています。香里奈さんの役に振り回されていて、時々さげすむような言い方をされるんですけど、案外、嫌いではないです」と語り、はにかんだ。

 また、撮影現場でも意見が正反対になるという2人。香里奈が「私は大体のことは『まあいっか』って思っちゃうんですけど、シゲさん(加藤)は細かくて面倒くさいんですよ」と切り出すと、加藤は「番宣とかで一緒になるんですけど、ことあるごとに意見が正反対になるんです」と明かした。二人の性格について、本試写会に出席した古賀は「香里奈さんは自分の外に意識が向いているけど、加藤さんは内省的。ドラマとは真逆ですね」と診断する場面もあった。

 新ドラマ『嫌われる勇気』は、フジテレビ系にて1月12日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。