人気スマートフォンアプリ「ねこあつめ」の実写映画版「ねこあつめの家」。公開日が4月8日に決定し、あわせて特報映像が公開されました。

【ペットショップ店員の木村多江さん】

 主人公の佐久本勝(伊藤淳史)は、スランプに陥った小説家。担当編集者のミチル(忽那汐里)に励まされつつも調子は上がらず、やがて不思議な占い師の予言や、おかしな不動産屋(大久保佳代子)の勧めに乗り、片田舎の古民家へ逃げるように引っ越します。

 それでも暮らしは下降線をたどる一方で、ミチルの先輩・浅草(田口トモロヲ)に見放されてしまう佐久本。そんな折、たまたま見つめ合った猫が気になった彼は、ペットショップ店主(木村多江)のアドバイスを受けて庭造りを進め、いわば「リアルねこあつめ」のような生活を始めます。

 ストーリーはオリジナルながら、元のゲームシステムを彷彿(ほうふつ)とさせる同作。新宿武蔵野館ほかで全国公開されます。