12日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、脳リンパ腫のため入院中の俳優・松方弘樹(74)の現状について報じた。

【写真】仁科克基、父・松方弘樹と約20年会わず、見舞いもできず…

 この日発売の「女性セブン」が「昨秋からの入院中に脳梗塞を3回、発症していた」と報じたことを受け、宮根誠司キャスター(53)は出演した医師に「入院していて、脳梗塞を3回起こすことなんてあるんですか」と質問。「非常に珍しいケースですが、現状、脳リンパ腫より脳梗塞の治療が最優先です」との答えを聞くと、「治療には時間がかかりそうですが、元気なお姿を見たいですね」と復帰を切望した。

 松方は昨年2月に体調不良を訴え、コンサートと舞台を降板。3月に所属事務所が病名が脳リンパ腫であることを発表。以来、入院生活を続けているが、「女性セブン」が松方が入院中に3度、脳梗塞を起こしたことを報道。年末年始はほとんど言葉も出ない状態で食事も自力でとれず、意識が混濁する危険な状態もあったと報じていた。