「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を題材にしたTelltale Gamesの新作「Marvel's Guardians of the Galaxy: The Telltale Series」のプロットが米国の大手ゲーム販売店Gamestopのウェブサイトに掲載されている。
海外メディアのBleeding Coolが指摘している通り、GameStopの予約ページには以下のあらすじが掲載されている。
「Marvel's Guardians of the Galaxy: The Telltale Series」は最もヒーローらしくない宇宙の英雄たち、スター・ロード、ガモーラ、ドラックス、ロケット、グルートという寄せ集めのアウトロー集団の全く新しい物語を描く。壮大な戦いの後、ガーディアンズは口には出せないような力を秘めた物体を発見する。ガーディアンズのメンバーはそれぞれ異なる理由からこの物体を求めるが、未知の力を求めているのは冷酷無比の敵も同じだ。種族最後の生き残りである敵はガーディアンズの手から物体をかすめとるためなら手段を選ばない。
地球からミラノ号、惑星ノーウェアからそのさらに先へ……素晴らしい音楽を背景に進む全5章仕立ての本作で、プレイヤーはスター・ロードとなって全く新しいガーディアンズの物語を体験する。ストーリーは数々の賞を獲得してきたTelltaleのユニークなスタイルで描かれ、プレイヤーの決断と行動が物語の道筋を直接形作る。

Telltale版「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は去年のThe Games Awardsで発表された。全5エピソード構成となっており、PC、PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360、Xbox One、Android、iPad、iPhone、Macでリリースされる。公式発表によると「プレイヤーは寄せ集めのヒーローたちの中で複数の役を演じ、宇宙を駆け回る冒険の指揮をとる」とのことだ。
予約ページの説明と公式発表には一つ重大な違いがある――前者ではプレイヤーが一貫してスター・ロードとしてプレイすることを、後者では複数のキャラクターをプレイすることが示唆されている。Telltaleの作品は一人のキャラクターの視点から描かれることが多いが、「Tales from the Borderlands」では2人の主人公が登場し、視点も頻繁に切り替わっている。
すでに更新されてしまっているが、この予約ページには発売日が4月25日になるとも掲載されていた。これは映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」が海外で公開される1週間前だ。この日付はすでにページから削除されており、これが間違いだったのか、うっかりGamestopが発売日を漏らしてしまったのかは明らかではない。