女優の木の実ナナ(70)が12日、テレビ朝日系トーク番組「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に黒タイツにミニスカート姿で登場した。

 司会の黒柳徹子(83)はその姿を見ると「あなたの長い芸歴の中で、脚を出してミニスカートって本当にと思います」と褒めちぎり、木の実が70歳ということについても「すっごい! テレビの向こうのみなさんもそうおっしゃった」「あなたくらいの歳のお友達でこういう格好をしている人はあんまりいない」となぜか得意げにコメントした。

 木の実はミニスカートをはく理由について「ミニをはくといつも新鮮でいられる」と説明。1967年に“ミニスカートの女王”ツイッギー(67)が来日したときにはかされ、その時は恥ずかしかったというが「だんだんみなさんが褒めてくれるとうれしくて。ずっとミニが似合っていたいなと思うようになって」と話していた。