体調不良のため11日に「天の声」を務める日本テレビ系「スッキリ!!」8月~金曜前8・00)を欠席した、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)が12日、同番組に復帰した。

 山里は10日の「スッキリ」は通常通り出演したが、その後に体調を崩し病院へ。「アニサキス胃腸炎」の疑いがあると診断され、同日、火曜レギュラーを務めるTBSラジオ「たまむすび」」(月?金曜後1・00)を急きょ欠席。よく11日の「スッキリ」も大事を取って出演を見送っていた。

 この日、"謎の男"として「天の声」に復活。冒頭「ご心配をおかけしました」と謝罪しつつ「私の親友の山ちゃんが病気になったら、つい私も寄生虫にやられてしまいました」と元気な声を響かせた。

 原因については「刺身中心のご飯を食べた」とコメント。医師から「思い当たる節はあるか」と尋ねられ「カキ、イカ、サバ、サーモン。すべてを食べた」と答えたという。その際、医師から「だめだ、どれが原因か分かんねえや」とため息交じりに返されたことも明かし、MCを務める「極楽とんぼ」加藤浩次(47)からも「可能性の数が多すぎたね」とイジられた。

 症状については「死ぬほど痛いです。顔が真っ青になり、脂汗で動けなくなった時点で電話で助けを求めた」と説明。点滴などの処置のほか「とにかく下から出し続ける方法」の末に回復した。加藤は「今までの悪行に対する呪いだと思ったでしょ」とイジり続けながらも「2日で治ってよかったね」とねぎらい。山里も「早く回復しました。ご迷惑をおかけしました」と、完全復活をアピールしていた。