フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜・前8時)は12日、鹿児島・屋久島で撮影されたヤクシマザルとヤクシカが交尾しようとする貴重な映像を紹介した。日本とフランスの研究チームが10日に専門誌に論文を発表していた。

 番組では20年間、7つの群れを観察して撮影された貴重なものと紹介し、シカの上にまたがったサルが交尾しようとしている写真などを放映した。番組MCの小倉智昭キャスター(69)はまじめな表情で「奥様方、朝からなんで動物の交尾なんだって思われるかも知れないけれど」とコメントした。

 番組では、なぜサルとシカが交尾を行ったかについて論文発表グループの1人の見解として「繁殖期に交尾相手を見つけられなかったのでは?」「ホルモンが増加したことが引き金になったのでは?」と紹介した。

 このような映像が撮影されたのは2例目で、14年には南アフリカでオットセイがペンギンと交尾を試みようとしている映像が撮影されている。その様子を見た小倉キャスターは「ペンギンもたまったもんじゃない」と苦笑い。最後はサルとシカの関係について「恋におぼれたのか、(屋久島の冒頭2文字の)ヤクにおぼれたのか」とブラックジョークを飛ばしていた。

 動画は研究チームがYouTube(https://youtu.be/l8HFDnM7Sdw)で公開している。

<iframe frameborder="0" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/l8HFDnM7Sdw" width="560" />