ニッポン放送の岩崎正幸社長(64)が11日、都内で定例会見を行った。同局によると、大みそかの「中居正広のSome girl,SMAP」(土曜午後11時)放送後、約1週間で封書やはがきが5000通も届いた。番組はメールを受け付けておらず、封書とはがきがファンから届く声。通常の約5倍で、ほとんどがグループ存続を願う内容だった。パソコンやスマートフォンで番組を楽しめるラジコを使って聴いた件数も通常約2倍の3万だったという。

 放送は事前の録音だったが、グループ解散の日と重なった。それまで語ろうとしなかった解散について「何が正しいのか、もう何周も何周もしていた。だから全てが正しいなんて、自分が正しいなんて、僕は思ってない」など率直に語り、メンバーについても「誰も悪くない」と断言。最後は「慎吾、剛、吾郎、木村、SMAP、じゃあね~、バイバイ」と締めくくった。

 岩崎社長は「リスナーに気持ちを伝えるのは、ラジオが一番と感じた。たくさんSMAPの番組があった中、インパクトは一番だった」と話した。番組名は今年から「中居正広ON & ON AIR」に変更され、4月以降も継続する。