歌手で女優の南野陽子(49)が11日放送のテレビ朝日系「あいつ今何してる? 2時間SP」(水曜・後7時)で、小学6年生のころ“本命じゃないけど告白した相手”伊地知さんに、VTRで36年ぶりに真相を告白した。

 南野は小学校6年生のころ、「本当は日高君のことが好きだったけど、2番目に好き、好きだった日もある伊地知君に“好きです”と手紙を書いたことがある」という。その理由について「日高君はスポーツも出来て、勉強も出来て、人気者だった。ライバルが多くてもう絶対無理(だと思ったので)。伊地知君に手紙を書いた」と明かした。

 このエピソードVTRを南野が小学生時代を過ごしたゆかりの地、兵庫・伊丹商店街で同級生の新山忍さんが経営している「立ち呑みおばんざい・海豚」で同級生たちと見た伊地知さんは「やっぱりか。好かれてたけど、日高が好きなことは分かっていた。ヒー君(日高君)がアカンから自分に来たんだと思っていた」と話したが、周りの同級生からは「ずーっと自慢していた」と暴露され顔を赤くしていた。