10日放送の日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」で、元AKB48の大島優子が登場し、持ち前の明るいキャラクターに反する意外なネガティブさが注目を集めている。

“実はネガティブな女”延長戦として榮倉奈々、吉高由里子と共にゲスト出演した大島は、中学生でありながら「もう誰も私の事必要としていない」「これからの人生何をして生きていけばいいのか」などと思っていたことが明かされた。そんな大島の早熟すぎる思想にスタジオでも「十代で?」とどよめきが起きる。

また、コーナー進行を務めるチュートリアルの徳井義実が、誕生日を独りで過ごしたという少女時代にケーキを持って笑顔を見せる写真を見せ、当時のエピソードを本人に聞くと、大島はネガティブな表情になりながらも「記憶にないです、(友達と)誕生日祝いしたこと。これ、覚えてないなあ」と発言した。

これに対し、大島の後輩にあたるHKT48の指原莉乃は「知らなかったです、私」と先輩の意外な素顔に驚きを隠せない。フットボールアワーの後藤輝基が「長年一緒にやっていて知らんの?」と聞くと、指原は「大島さんと言えば、やっぱり明るいってイメージがありすぎて」と答える。

徳井は大島について「ネガティブ期があったことを隠して、隠して、AKB48時代に笑顔を見せていたんです。もう(大島がセンターを務めた)『ヘビーローテーション』のPVが観れない」と嘆いてみせるとと、大島は「あれはハッピーなものですから!」と別物であることをアピールしていた。

Twitterでは番組を観た視聴者から「大島優子が昔1人で誕生日過ごしてたと聞いて安心した」「大島優子ネガティブ過ぎるやろ...」「こんくら見て、大島優子と吉高由里子にすごく共感する」と大島のネガティブな面に驚きや共感のコメントが寄せられていた。

さらに大島は8日、自身のTwitterで「無意識のうちにストロー噛んでた。ちがうよ、あれだよ。歯の噛み合わせ確かめてただけだよ」という意味深なツイートとともに自分で噛んでいたと思われるストローの写真をアップしていた。この写真付きツイートに、ユーザーからは「ストロー噛む人は寂しがりやって聞いたことある、、、」「愛に飢えてる?」「あ、それ、子供がよくやるやつ~」などといったリアクションが付いている。