せつこ(34、松竹芸能所属)★デビュー2007年

 正月休み中のくらぼん記者に代わり、今日はくのいちが担当します。髪をオールバックにしてメガネをかけた女優、もたいまさこやAKB48の渡辺麻友のものまね、サングラスをかけてリズムネタを披露する「二の腕パンパンおじさん」で笑わせるせつこが、じわりじわりと人気だ。

 --デビューは

 「松竹芸能の養成所時代、同期だった鴨志田道秋(現・カモシダせぶん)と男女コンビを組んで2007年にデビューしました。同期生でとりあえずコンビを組んでみようと思ったので」

 --11年に解散していますね

 「相性は良かったのですが、5年やっても、なかなかコンテストで良い結果が出なくて…。解散した年のキングオブコントに出て、1回戦で落ちたら解散しようと相方に話しました。当時、擬人化ネタが好きで、2人でアイスの『パピコ』になって『離れるのはイヤ』『このまま吸われるのはイヤ』っていう私たちにとっては“強いネタ”で臨みましたが、1回戦で落ちまして。どちらからともなく『解散しよう』となりました」

 --今もカモシダさんと仲は良いですか

 「はい、戦友みたいなものですからね」

 --もたいさんや渡辺麻友さんのモノマネが人気ですが

 「どちらも他人から似てると言われたのがきっかけです。もたいさんは、先輩芸人のパワフルコンビーフの兼重(清志)さんとネタ合わせしているときに、メガネを掛けていたら『似てる』と言われまして。渡辺さんは、いち・もく・さんの江口(輝)さんの彼女から言われました」

 --せつつ、と呼ばれているんですよね

 「恥ずかしいですね。もたいさん、渡辺さんのどちらにもお会いしたことはありません。ただ、私がもたいさんのファンなので、もたいさんのDVDイベントにファンの1人として参加したことはあります。渡辺さんには一度も会ってない。見てもらって、お墨付きをもらえたらうれしいですね」

 --お笑いを目指すきっかけは

 「ダウンタウンさんと吉本新喜劇が好きで、小学生のころから、お笑いをやりたいと思っていました。高専(工業高等専門学校)でプログラミングの勉強をしていたので、卒業後はプログラマーとして就職しました。ただ、お笑いをしたい気持ちがあったので、就職先を東京にして上京。3年間で養成所へ行くお金をためて、就職先の社長に『お笑いをするので会社を辞めます』ってあいさつしたら、『頑張りなさい』と背中を押してくれました」

 --お笑いの世界に入ってみて、どうですか

 「なめていました。1年で養成所を出て、テレビに出て、3年で売れて、なんて考えていましたから」

 --例えば

 「入りたてのころ、若手ライブの手伝いをしたときに何をしていいか分からなくて。今は辞めてしまった女芸人の先輩に『何をすればいいですか?』って聞いたら、『それくらい考えてやりなさい。周りを見て何をしているか、何が必要か、人に聞くのではなく自分で考えてやりなさい』って言われたことを今でもハッキリ覚えています」

 --印象に残っているライブは

 「お笑いコンビ、オジンオズボーンのライブでボケ担当の篠宮(暁)さんが着替えで引っ込んでいるとき、篠宮さんのつなぎでツッコミ担当の高松(新一)さんとやったときですね。先輩の力量もあって、めちゃくちゃ盛り上がって。09年ごろだったと思いますが、相方とのやりとりはあっても、他の芸人さんとプランのないまま舞台に立つことってないですから。やっているときもそうでしたが、舞台袖に戻ったときに気持ちいいって思ったし、お笑いの楽しさでヒリヒリしましたね」

 --今年、芸歴10周年を迎えます

 「10年、早かったですね。あっという間でしたが、人には恵まれていました。コントが好きなのでネタ番組に出たいし、単独ライブをやりたい!! 今後の目標は、月収200万円もらえるような芸人になりたい」

 --人生35年の節目でもありますね

 「ピン芸人は内にこもりがちなので、世界を外に広げられるような、いろんな人と出会って、話をして、自分を広げていきたいです」

 濃厚キャラ芸人を発掘するTBS系バラエティー番組「有田ジェネレーション」(水曜深夜1・18)に、昨年7月からレギュラー出演中。ブレークは、すぐそこだ!!