乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんが去年6月のガン公表後、初めてテレビ出演した。麻央さんがテレビ出演したのは9日夜に放送された「市川海老蔵に、ござりまする」。1月4日に病室内で撮影されたおよそ7分におよぶインタビューだった。

 その姿は黒のウィッグにナチュラルメイク。インタビューでは闘病生活や夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんへの思いを涙ながらに語った。「もし私がこの病気、試練というものを乗り越えられたときに、病気をする前よりもちょっといいパートナーになれるんじゃないかな。すごく思うのは役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様くださいって、いつも思うんです。主人と結婚したからこそこうして生きていられる。そうじゃないと心が死んじゃっていたかもしれない」と夫である海老蔵さんに感謝を述べた。

 また、番組放送直前には自身のブログで「人生で初めて『食べる』ということの壁を経験しています。これまで何があっても『食べられる』ことだけが自信だったので、こんなにただ一生懸命に食べるということがあるのだと、、、知りました」と告白。体調がよくない証なのか、食事をすることさえ大変な様子がうかがえる文章をつづっていた。

 そんな麻央さんに海老蔵さんは番組終了後にブログを更新した。「私も麻央のインタビューで涙しました。役者 市川海老蔵を支えるチャンスを神様ください。と涙しながら言っていた。っておいおい、だめだよ、それ!もうだめだよ。なんて事をいうの!?なんて人なんだろう」と妻の麻央さんに改めて感動を覚えた様子だった。