タレントの藤井隆さんが、自身のツイッターに寄せられた「殺すぞ」ツイートに不快感を表している。

 「公式とさせて頂いてる場で余計な事をつぶやくつもりも無いので最初で最後にします」――。2017年1月11日未明、こう前置きした上で、問題のツイートをしてきた人物に語りかけるようにツイッターで発信した。

■「品のない言葉に慣れるつもりない」

 藤井さんは「殺すぞ なんて一文を親や家族がそばにいる時に目にする悔しさ」と、問題の投稿を見つけた時の状況を振り返り、

  「スルーが良しだそうですが、そんな品のない言葉に私は慣れるつもりもないですし充分こちらは嫌な気分になっておりますので大成功なさってるんですね」

と、ツイート主に皮肉を交えてコメントした。さらに、

  「皆さんに好意を持って頂きたいなんておごりもないので読ませて頂きますが、わざわざありがとうなんて思わないですし、送信元を可哀想な人とも思わないです。同じ身分なので」

としつつ、

  「ところが私はそこまでお人好しでもないので違う言葉で念を送っておきます。適当に言葉を使うなら適当にあしらわせて頂きます」

と、自分なりのやり方で、「殺すぞ」という言葉に対処していることを示した。

 最後には、

  「本来、楽しいはずのものを楽しめなくなるなんて私の本意では無いので。下品な言葉に心を支配される必要も無いので。ツイッターが嫌いにならないように、努めて軽くあしらいます」

と静かな怒りを込めながら、「大切したいお悔やみもつぶやきたくないこの場から今夜は大変失礼しました」(原文ママ)と結んだ。