年末年始、出演した本数以上に印象が強かったタレントといえば、バブルネタが売りの平野ノラ(38)だろう。デカい携帯に肩パッドばっちりの衣装、バブリーな会話はインパクト抜群。

 出演情報をのせている本人のブログを見ると12月28日~1月5日にかけて地上波の出演番組は15本ほど。大晦日から元日にかけては7本。この中でインパクトが強かったのは「紅白歌合戦」。前半の郷ひろみの歌唱の前に、客席でデカい携帯片手にネタを披露。ちょっと唐突だったが、「シモシモ~」はウケた。

 また、元日だけで5本に出て、ピコ太郎並みに目立っていた。さらに5日の「とんねるずのみなさんのおかげでした 新春全落2時間半SP」ではなんと「車の中で〇〇までいったジャイアンツの選手」を暴露して話題になった。

 昨年後半からブレークしたから、ギャラはまだ高くない。芸人の出だしの頃のギャラは一般にゴールデン・プライム帯で3万~5万円程度といわれ、単純な掛け算なら100万円いかない程度。テレビ局からすれば安く使えてありがたい存在といえる。

 では、過去の売れっ子の女性ピン芸人と比べてノラ人気はどのレベルなのか。思い浮かぶのが新体操ネタのレオタードから卒業してトークで売れた、いとうあさこ。インパクト芸人として登場してイジラれた様子がノラとかぶる。いとうはその後、安定したポジションを確保したが、ポイントはMCができるようになるかどうか。

 デカい携帯電話を持って「シモシモ」。こればかりでは飽きられるのも早い。
(作家・松野大介)