乳がん闘病中の小林麻央(34)に、お笑い芸人の加藤浩次(47)やハリセンボン近藤春菜(33)らがあらためてエールを送った。

 麻央は9日、日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする」に出演。昨年6月のがん公表以来、初めてテレビ出演を果たし、自身の病気や夫海老蔵のことなどについてインタビューを受けた。

 翌10日放送の同局系「スッキリ!!」では麻央のインタビューを振り返り、春菜は「本来だったらワガママになっていいところを、家族とか周りの方のことをテレビやブログで発信してくださるところに麻央さんの優しさとかご家族の絆を感じますし、前向きな姿に心を打たれて、応援させていただきたいと思います」とコメント。

 また、ウェンツ瑛士は「話す言葉のほとんどが家族のことだったり海老蔵さんに対することだったり。ご自分の辛さとかそういうことは一切おっしゃらない、そこが小林麻央さんの強さだと思った」と気丈に振る舞う麻央の姿に感銘を受けた様子。司会の加藤は「我々も麻央さんの1日も早いご回復を願っております」としめくくった。