乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央(34)がVTR出演した日本テレビ系特番「市川海老蔵に、ござりまする。」が9日夜、放送された。昨年6月にがん公表後、初のテレビ出演。今月4日に病室でインタビューに応じ、夫で歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)に感謝。「役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを、神様くださいっていつも思うんですね」と涙ながらに切なる願いを打ち明けた。

 麻央が闘病と夫への思いを肉声で初告白した。

 今月4日、麻央は黒のウィッグにナチュラルメークをして病室で取材に対応。2014年10月に乳がんが判明したが、闘病1年が経過した時期にかわした夫婦の会話を述懐。「これ以上迷惑をかけられない」と海老蔵に漏らすと「1年がなんだよ。ずっと支え合うんだよ」と励まされたと笑顔で語り、「病気になる前は理解できなかった主人の考え方や心の持ち方を、想像できるようになった。病気をして得たものの1つかな」と明かした。

 笑みを絶やさなかったが、「もし私が病気、試練というものを乗り越えられたときに、病気をする前よりもちょっといいパートナーになれるんじゃないかな」と涙。「すごく思うのは、役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様くださいっていつも思うんですね」と大粒の涙を再びぬぐった。

 続けて「主人と結婚したからこそ、こうして生きていられる。そうじゃないと心が死んじゃっていたかもしれない」と感謝を込めて7分のインタビューを締めくくった。

 番組では昨年6月に麻央の闘病を公表した会見直前の様子も紹介され、海老蔵が長女の麗禾(れいか)ちゃん(5)、長男の勸玄君(3)の面倒を見る姿にも密着。15年11月に勸玄君の初お目見え公演に付き添っていた麻央が当時、骨や肺にがんが転移していたことも分かった。

 昨年9月に麻央は痛みを軽減するための手術を受けたが、海老蔵は同10月の取材で「絶対に治らないレベルの病気だった。早かったら3、4、5月で多分、ダメだった。夏は絶対無理だと思った。この時点(昨年10月)ですごいことが起こっている」と妻の生命力に脱帽。昨年大みそかに海老蔵が麻央の病室を見舞う姿はほほえましく、今後も夫婦二人三脚で闘病を乗り越えていく。