歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で乳がん闘病中のフリーアナ・小林麻央さん(34)が9日、日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする。」でインタビューに応じた。テレビ出演は、昨年6月のがん公表後初めて。

 収録は今月4日、麻央さんが入院している病室で行われた。約7分間、黒いウィッグをつけ、座った状態で話す様子が放送された。

 海老蔵について「(闘病の)試練というものを乗り越えられた時に、病気をする前よりもちょっといいパートナーになれるんじゃないかな」と話すと感極まり涙。「役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様ください!って、いつも思うんです」とティッシュで涙を拭いながら語気を強めた。

 さらに「主人は私とは違う物差しで物事の見方を教えてくれる。病気になる前は、何訳わかんないこと言っちゃってって思うことが結構あったんですけど、病気になってからは本当にありがたい。主人と結婚したからこそ、今、私、生きていられるって思います。そうじゃなかったら、心が死んじゃってたかもしれない」と海老蔵に感謝した。

 番組では、昨年の大みそかに、ベッドで横たわる麻央さんを見舞う海老蔵の姿も放送された。

 麻央さんは昨年10月1日付のブログで局所コントロール、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)のための手術を行ったことを報告した。海老蔵は10月の同番組の取材に「絶対に治らないレベルの病気だった。早かったら3、4、5月で多分ダメだった。綱もないようなところを渡って、まさか手術できるとは思わなかった。今だから言えるけど今年の夏は絶対無理だと思った」と赤裸々に告白。「もうすでにこの時点(昨年10月)でものすごいことが起こっている」と話した。