乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年1月6日、再び放射線治療を始めることをブログで明かした。

 麻央さんはこれまで、体力回復のための入院(16年12月20日)や、骨への転移(同月22日)を公表しており、ファンからは心配したり激励したりする声が寄せられている。

■痛みを抱える読者に向けたメッセージも

 麻央さんは6日夜、「痛み止め様」というタイトルのブログを更新。

  「痛み止めの量を増やしてもまた痛みが増してきたり、痛みは心折れますね」

などとつづり、

  「これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します。が、私の決断が遅かったため、まだ始められないので、今は、首を長くして待っているところです」

と放射線治療を再開することを報告。麻央さんは16年12月7日、25日間に渡った放射線治療が終了したことをブログで明かしていた。

 今回のブログの最後では

  「私よりずーっと/痛かったり苦しく/このブログを読んで下さっている方が/少しでも心和らぐ瞬間がありますように」

 と、「痛み」を抱える読者に向けたメッセージも送った。

 その翌7日の夜、夫の市川海老蔵さん(39)はブログで、

  「志村動物園見る前はまおは痛くて動けないよーと言っていましたが、志村動物園みたら元気になってきて酵素風呂にいこう!となりました涙。本当に良かった」

と、「元気になってきた」様子を報告した。

 6日の麻央さんブログに対しては、

  「痛みに負けるな 頑張れ麻央ちゃん」

などと応援する声が相次ぎ、8日夕時点で1100件を超えるコメントが寄せられ、「いいね!」は4万9000件以上に達している。

 中には、自身も病気による痛みを抱えている、という人からのコメントも多く、

  「(略)まおさんの『痛み止め様』のコメントを読んで、涙が止まりませんでした。まおさん自身痛みで苦しんでいるなか、痛みで苦しんでいる人達にあの様なあたたかいメッセージを送ってくれるなんて...」

などと、麻央さんに励まされた、という反応も多く寄せられていた。