渡辺謙主演、北川景子、二階堂ふみらの共演で“新しい家族の形”を描くホームドラマ、MBS開局65周年記念新春ドラマ特別企画「しあわせの記憶」が1月8日(日)今夜TBS・MBS系で放送される。

【写真】渡辺謙&北川景子&二階堂ふみ&麻生祐未

太郎(渡辺さん)が事業の失敗から離婚し、家を出てから早や5年。元の家には長女・夏波(北川さん)、次女・冬花(二階堂さん)、母・純子(麻生祐未)が暮らしている。娘たちは久しぶりに口紅をつけて外出する母の動向が気になる。そんな折、家賃滞納で金策に苦しむ太郎が夏波の会社を訪ねてくる。ネット販売ビジネスが好調の夏波に金の無心に来たのだ。父の代わりに一家を支えてきた夏波は、彼の相変わらずの風来坊ぶりに激怒。結局、太郎はかつて暮らしてきた家に転がりこむ。共同経営者の友人・吉岡(三浦貴大)との関係がぎくしゃくする夏波、アルバイト先のコンビニでチーフの田島(千葉雄大)に厳しく当たられ、落ち込みがちの冬花。別れた妻・純子は、恋の相手・尾方(菅原大吉)を見つけ、太郎が手放した懐かしい家では、それぞれが新しい人生を歩み始めていた。幸せだった頃の思い出を胸によぎらせながら、太郎は不器用にそれぞれの葛藤に関わっていく――。

『ラストサムライ』や『硫黄島からの手紙』『GODZILLA ゴジラ』など数々のハリウッド大作への出演をはじめ、昨年公開の『追憶の森』ではマシュー・マコノヒーと共演、日本を代表する世界的俳優となった渡辺さんが“ダメ男”な父親を演じるほか、昨年はドラマ「家売るオンナ」も好評、佐々木蔵之介と共演する映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の公開も控える北川さんと、『蜜のあわれ』『オオカミ少女と黒王子』『ふきげんな過去』と話題作への出演が続く若手演技派の二階堂さんが“ダメ男”の父に翻弄される娘役で登場。また一家の母親役には麻生さんを迎える。

また『黒崎くんの言いなりになんてならない』などに出演、最新作『Bros.マックスマン』も公開中の千葉さんや、『進撃の巨人』シリーズなどで知られ、昨年公開の『怒り』でも渡辺さんと共演している三浦さんなど、旬なキャストも集結した。

脚本を手がけるのは、「セカンドバージン」「セカンド・ラブ」や昨年放送された北川さん主演のドラマ「家売るオンナ」などで知られる大石静。「家族って何?」…ホームドラマの王道とも言えるテーマにあらためて挑む。

MBS開局65周年記念 新春ドラマ特別企画「しあわせの記憶」は1月8日(日)21時~TBS・MBS系にて放送。