歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がんで闘病中の小林麻央さん(34)が7日、「眠れない夜のひとりごと」とのタイトルでブログを更新し、複雑な胸中をつづった。

 家族が麻央さんの痛みについて心配し、いろんなことを提案してくれたとき「私の身体は私が一番わかってるから」と言ってしまったことを後悔。「病室でひとりになり、家族にとっては悲しい一言だったのではないかと、、、私も寂しい気分になってきました。ごめんね」と家族の心情を気遣った。

 「苦しい、痛い、疲れた」と家族の前で言ってしまう時があるといい、「病人は許されるけれど、支えている家族は、『苦しい、疲れた』と言えない空気があるかもしれません。私がいないところで、皆で言い合ってくれていたらよいな、、、と思う時があります。」とし、眠れない夜にいろんな思いを巡らせている様子がうかがえる。