テレビ番組やCMデータの調査・分析をするエム・データ(東京都港区)は5日、2016年~17年の年末年始テレビ番組出演者ランキング(上位100位)を発表。櫻井翔(34)が26番組で1位、相葉雅紀(34)が25番組で2位、二宮和也(33)が22番組で3位と、嵐が3年連続してトップ3を独占した。

 大野智(36)松本潤(33)はともに19番組で9位タイ。嵐は14~15年にトップ3、15~16年にトップ5を独占した。

 トレンディエンジェルの斎藤司(37)が21番組で4位。前年13番組の31位からジャンプアップした。

 昨年ブレークしたタレントの岡田結実(16)が17番組で15位に初登場。女性ナンバーワンに輝いた。

 2016年12月28日~2017年1月3日に放送された東京キー局のテレビ番組(Eテレ除く)に出演した人物を対象とした。