小泉孝太郎と「バナナマン」がMCを務める番組「モシモノふたり」。テレビで見せることのない芸能人たちのありのままの姿をのぞき見する本番組だが、今年最初の放送回1月11日(水)では、ベッキーと妹ジェシカ・レイボーンとの1泊2日の同居生活に密着した模様をお届けする。

【画像】妹と出演したベッキー

現在はアメリカでプロダンサーとして活躍中のジェシカ。今回番組からの出演依頼で帰国し3か月ぶりの再会となった。昨年、休業中に心のよりどころとなった妹。せっかく久しぶりに再会したのだからと、2人はベッキーさんがよく一人で行っていた公園や、昔から家族で通っている飲食店など印象深い場所を訪れ、さらに新春らしく川崎大師に参拝も。

そんな中、姉妹の話題は一連の報道の後、休業していたベッキーさんについて及ぶ。「私が外に出るとそれが報道につながって、また誰かに迷惑がかかってしまうので、家からは出ないようにしていた」というベッキーさんが、休業中に何をしていたのか、どんな気持ちで毎日を過ごしていたのか、休業して変わろうとしたこと、変わったことなどがベッキーさんの口から赤裸々に告白。また、「アメリカから帰ってきたとき、記者の人が家の前にたくさんいて、本当にすごかった。毎年家族で祝っている(ベッキーさんの)誕生日でも外に音が漏れないように、小声でハッピーバースデーを歌ったり…」と語るジェシカら家族との絆を物語る、当時のエピソードも語られる。さらには、お互いの過去の恋愛をふり返りながら、姉妹だからこそ話せる本音の恋愛トークも飛び出す。

また、同居生活中には姉妹だけでなく、ヒロミ、そして「ハリセンボン」の近藤春菜を同居先の家に招き、4人でホームパーティーも。実はこの2人、休業中のベッキーさんを支えてくれた2人だそう。後日、スタジオでMCとゲストたちとともに、今回の同居生活をVTRでふり返ったベッキーさんは最後には「まず、この番組の今年最初の放送に出させてもらったことが本当に嬉しいです。同居生活中では音声さんから、緊張で心臓の音が聞こえますと言われました(笑)」とコメント。「とにかくナチュラルな自分でいようと思って1泊2日を過ごしました。これが私です。見ていただけるといいなと思います」と感想を述べている。

ゼネラルプロデューサー・中村百合子は、「出演者の皆さんが“こんなベッキー見たことがない”と驚くくらいに、実直にありのままの素顔を見せてくれました。一瞬も目が離せない盛りだくさんの内容で、ゲストがベッキーさんだからこそ、見終わったあとは誰もが明るく前向きな気持ちになれる、新春にふさわしい“モシモノふたり”となっています」とコメントを寄せている。

「モシモノふたり」は1月11日(水)22時~フジテレビにて放送。