大ヒットアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」で、紅白初出場を果たしたロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎(31)と、元AKB48で女優の前田敦子(25)との親密交際が1日、一部で報じられた。

 野田、前田ともに同日、ツイッターを更新し、否定。野田は「なんだろう。熱愛報道みたいなのが出てるみたいですがまったくの事実無根です」と語り、「正月早々。相手方にも申し訳ないので、伝えさせてもらいます。なんだかなぁ」と嘆き節だ。

 一方の前田も「全く、ないですよ」と完全否定。「そんな根も葉もない噂で出ちゃうと相手方にも、ファンのみなさんに申し訳ないです。全くありませんよ」とした。野田といえば女優の吉高由里子(28)、前田も歌舞伎役者の尾上松也(31)との熱愛が報じられていたが、それぞれ昨年破局を迎えている。

 芸能プロ関係者は「前田、尾上ともに自ら交際、破局について一切語ることはなかったが、交際自体は事実。事務所も『プライベートのことは本人に任せている』と認めていたが、不安定な交際ぶりに関係者が不満をこぼすこともあった。しかし、今回は即座に前田自ら完全否定していることから、交際の事実はないでしょうね。仲がいい友人同士なのは間違いないので、周囲が“熱愛中”と思った可能性は否定できませんが…」と語る。

 さらに、別のテレビ局関係者は意外な“被害者”の名前を口にする。俳優の柄本時生(27)だ。

「実は柄本は昨年、前田の家に週2~3回呼ばれて、英会話の練習などに付き合わされていた。特に用事もなく呼び出されることもあり、『(前田から)連絡が来るのが怖い』と漏らすほどで、実際男女の関係も一切ない“お手軽男子”扱いだった。今回の熱愛報道に『俺とは一切、熱愛報道が出ないのに…』と自虐ぶりがすごいみたいです」

 それにしても家に週3回通って“スルー”されてしまう柄本って…。