東川篤哉の人気ミステリーを「嵐」の櫻井翔と北川景子を迎えて実写ドラマ化、その後映画化もされた人気作「謎解きはディナーのあとで」のスペシャルドラマが12月29日(木)本日再放送される。

【画像】風祭警部を演じる椎名桔平

原作は2011年の年間ベストセラー第1位を記録した人気作。世界有数の大企業の令嬢である新人刑事・宝生麗子を北川さんが演じ、麗子が遭遇する難解な事件を櫻井さん演じる慇懃無礼な毒舌執事・影山が概要を聞いただけで見事に推理し、解決に導いていくというユニークな設定と、“お嬢様”麗子の推理力のなさを「お嬢様の目は節穴でございますか?」「お嬢様はアホでいらっしゃいますか?」などという暴言スレスレの毒舌で指摘する毒舌執事・影山のツンデレキャラが話題となり、フジテレビ系で放送された連続ドラマは最高視聴率18.1%を記録。その後2013年に映画化され最終興収が32億円を突破する大ヒットとなったのは記憶に新しい。

今回再放送されるのは2012年3月に放送されたスペシャルドラマ。世界的に有名な画家、松下慶山と見られる焼死体が発見されるという事件が発生し、焼失したアトリエでおそるおそる遺体を確認した麗子は美大を首席で卒業した際の記念リングを指に見つける。アトリエには静脈認証システムが設置されており、本人以外は出入りができないということを知った風祭警部(椎名桔平)は、駆けつけていたマスコミ関係者に向かい「これは密室殺人です!」と宣言。殺人ではないのでは? と麗子ら国立署の面々が風祭に詰めよっていると遺書まで発見される。関係者の事情聴取を終え麗子が自宅に戻ると影山が香港から戻ってきていた。麗子は景山に慶山が焼死体で発見された事件の話をする。影山は宝生家の美術品置き場にある慶山のコレクションを麗子に見せながら、完全なる密室での自殺という状況を疑うが、麗子に風祭も同様のことを言っていたと言われ、プライドをいたく傷つけられた影山は風祭と同レベルにされてはかなわないと、必ずや謎を解くので事件の詳細をと麗子に迫る…というのがスペシャルのストーリー。

櫻井さん、北川さん、椎名さんのほか、野間口徹、中村靖日、岡本杏理、田中こなつ、國村隼、麻生祐未、高嶋政宏、池田鉄洋、佐野史郎、国仲涼子、加藤夏希、堀内敬子、ボビー・オロゴンらが出演。

なお明日12月30日(金)14時55分からは2013年公開の本作の劇場版もオンエア。こちらはシンガポール行きの超豪華客船「プリンセス・レイコ号」に舞台を移し、何と乗客3,000人の中から真犯人を探し当てるという壮大なスケールで推理劇が展開。中村雅俊、桜庭ななみ、鹿賀丈史、宮沢りえ、竹中直人、要潤、生瀬勝久らが共演する。

「謎解きはディナーのあとで」スペシャルの再放送は12月29日(木)14時55分~フジテレビ系で放送。