俳優としても活動するお笑いタレントの藤井隆(44)が、TBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回放送前に緊張していた理由を明かした。

 20日に最終回を迎えた同ドラマ。星野源演じる津崎平匡の会社の同僚、日野秀司役の藤井は、放送前にツイッターで「私は出番的にもあっという間の撮影たったのですが、スタッフの皆さんにも大変良くして頂いて楽しかったです。 出演者の皆さんにもほんとに恵まれました。最終回、どうぞご覧下さいね!」と告知するとともに、「一方で訳あって、実はすごく緊張してます」とツイートしていた。

 最終回では、日野の妻役として藤井の実際の妻であるタレントの乙葉が出演。突然の夫婦共演というサプライズにネット上も盛り上がり、藤井のツイッターにも「奥さんの登場には笑いました(笑) でも最高でした!幸せそうでしたね」「奥様との共演ムズキュンしました~」「ご夫妻での出演がスゴくうれしかったです!」とのコメントが多数寄せられた。

 緊張の理由は乙葉出演のことだったかと納得する声も多かったが、藤井は翌21日のツイートで「緊張してた理由。 日野のお出かけ着が皆さんに受け入れて頂けるのかすごく心配でした…」とまさかの答え。トレーナーのデザインが奇抜であることを心配していたとうそぶいたが、「ってのは冗談で、色々メッセージありがとうございました!うふふふ」と、やはり緊張理由は夫婦共演だったらしく、反響の大きさに感謝した。