お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(39)が13日に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が今年、大ヒットした「パーフェクトヒューマン」に規制を敷いていた秘密を暴露した。

 山里によると中田は「スゴイ策略家」で、パーフェクトヒューマンに関して「パロディはダメ。マネしちゃいけないというご本人の意向でできないんです」と暴露。その理由は、今年の大みそかのNHK紅白歌合戦への出場に意欲を燃やしているからで、「マネされると飽きるということで、紅白のころには飽きられてしまう」ためだと説明した。

 その上で山里は「人からマネされると飽きるというルールが分かっていて、なぜ8・6秒バズーカーのマネをあんなにしていいのかなって」とオリラジがかつて8・6秒バズーカーのラッスンゴレライをさんざんマネしていた過去に疑問を投げかけていた。